COSMETIQUE LABO Vol.5


CONTENTS

■特集1 パッケージ&デザインでみる ミドル向け化粧品のトレンド

[寄稿]

ミドル以降層が台頭する化粧品市場において、ブランディング・パッケージングはどうあるべきか

●宮本 文幸/ 資生堂 ブランド企画部課長・愛知大学国際問題研究所 客員研究員


[化粧品メーカーの事例]

“ニオイとの決別” をコンセプトに大人の男の身だしなみを提案

●ロート製薬


[時短アイテム]

市場規模は506億円を突破 現代女性のキレイを支える時短アイテム


[メンズコスメマーケット]

ミドル向けアイテムが拡大傾向 成長率とリピート率の高さが魅力


■特集2 CITE Japan2013 第6回 化粧品産業技術展

[出展企業紹介] OEM/ODM

日本コルマー

シーエスラボ


[出展企業紹介] Packaging

グラセル
石堂硝子
ケイズ
三葵コーポレーション
三洋化学工業
宮本
梅田真空包装


【カバーストーリー】

三洋化学工業


【CLOSE UP】

オーテック


編集後記/広告索引/奥付


▲TOPへ戻る▲