カートンボックス表紙

  カートンボックス
  “箱創り”を応援するビジネスマッチングマガジン。
  1982年創刊で、2012年に30周年を迎えました。
  紙器・段ボール箱を中心とするペーパーパッケージからプラスチック
  コンテナー、クリアケース、パッケージ印刷、紙加工の情報まで幅広く網羅。

 バックナンバー

 1996-2002  2003-2018

 2019

 ■1月号 ■2月号 ■3月号 ■4月号

 試し読み

 (2015) 2月号 3月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 11月号 12月号

 (2019) 4月号

カートンボックス 2019年5月号目次


■特別企画

「平成」の箱創りを振り返る

本誌誌面で検証―紙器業界の変化と進化


箱創り「平成史」


【Back to 1989―「平成」が幕を開けた頃の紙器業界の課題】

経験と勘から標準化へ

紙器の技術展望とその課題/小倉美術印刷 専務取締役 杉本善作氏 月刊『紙器・段ボールの技術』1989年1月号


【「平成」から「令和」に向かう紙器設計の進化】

解決策をその場で提示

ユーザビリティの追求が信頼を生む/協進印刷 制作室 シニアアドバイザー 千田建一氏(本誌編集委員)


【包装産業人アンケート……「平成」とは包装産業にとってどんな時代だったのか】

「自然災害」「市場の変化」「環境」「技術革新」

激動の30年が浮き彫りに/日報グループ実施


デザインは時代を映す鏡

グッドデザインで振り返る「平成」ものづくりの変遷/日本デザイン振興会


■特別企画

【フレッシュマンのための箱創り基礎講座 箱創りをはじめから、ていねいに―段ボール篇】

段ボール包装設計の基礎知識

その2 緩衝・固定材の設計の実際/小坂正実●文 大阪紙器工業 技術顧問(本誌編集委員)


■フロントライン

「令和ハイチュウ」求めて大行列

オリジナル菓子作成サービスを活用 /森永製菓


■コンバーター現場検証

印刷の高付加価値化をめざす

RMGT、コダックの新設備を導入/富士紙器印刷(横浜市港北区)


■パッケージデザインのチカラ

平成を彩ったパッケージデザイン

人気商品を一部ピックアップ/『パッケージデザイン総覧』より


■技術レポート

トリム管理装置の技術と機能

シート蛇行を防止する「トリムセーバー」/宇津井博史氏 ZEMISCO 海外営業部部長

熱回収式電動エアコンプレッサ

製糊工程で温水活用、省エネを提案/上藤丈浩氏 三浦工業 東京MI営業1部部長


■環境レポート

紙製容器包装3R改善事例
紙製容器包装リサイクル推進協議会『3R改善事例集 第12版』より


■経営

激動の時代の後継者
会社の体質をどうやって変えるか/エクシート 専務取締役 出口淳氏
富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ『 経営セミナー2018』より


■News&Topics

管内の全2府13県と防災協定
滋賀県と結び、広域的な支援体制が完成/西日本段ボール工業組合

過去最多となる90名が参加
「第14回複合材型加工研究会セミナー」を開催/複合材型加工研究会

環境配慮と効率化を両立
完全無処理版「SONORA CX」で小ロット・短納期化に対応/豊国印刷

全体最適するソリューションを提供
システム提案の合弁会社を設立/JDAジャパン/パナソニック


■Hard&Tools

従来比1.3倍の高速出力
紙箱、ボトルなど多彩に対応/NECグループ

パッケージング業界の需要に対応
耐刷性が従来比1.5倍に向上、UV印刷の安定性がアップ /富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ

IJPと連携で高付加価値の立体造形
水性インクへの対応力が大幅に向上/リコー


■モノ語りハコ語り

アジアの中の東京をテーマに
多様な価値感を意識したデザイン
山英/「東京椿茶 5袋入」


■連載・寄稿

シリーズ 輸送包装の課題と実践(4)
ものづくり町工場の「4コマ」経営革新術


■サイドニュース

・イベントインフォメーション ・情報ボックス ・パテント情報 ・海外技術ニュース ・技術士包装物流会だより
・統計.板紙生産 ・編集後記 ・奥付 広告索引 次号予定


▲TOPへ戻る▲