デイリーニュース


DAILY NEWS 包装・環境分野の情報を毎日掲載しております!

 
 ニュース一覧に戻る
【ニュース分類】
包装関連のニュースは次のように分類されています。
包装産業 パッケージデザイン

【2019年1月】

01/18 協働ロボ活用のパレタイズシステム/コンパクト、作業現場の動線を確保――ウイスト
 ウイスト(京都府精華町)は、協働ロボットを活用した省スペース対応のパレタイジングシステム「協働ロボットパレタイザ」の拡販を加速する。安全策を設けず人と同じ空間で作業ができる、コンパクトで小回りの利く協道ロボをパレタイジングシステムとして提案したもの。設置幅1700mmで省スペースでの設置に対応、狭い包装産業の現場でも人の動線を分断することなく自動パレタイジングを可能にした。
 一般に包装ラインなどで広く普及しているパレタイジングロボットは、装置本体の大型化に加え、作業者の安全性を確保する点からも十分な設置スペースが必要となる。同社が提案する協働ロボットパレタイザは柔軟な設置対応力を誇るとともに、狭いピッチでも作業者の動線を確保し安心・安全かつ品種切り替え作業などに対応できるのが最大の特徴だ。(1月18日10:40 包装タイムス1月14日号に詳報)
01/18 2018年の10大ニュース発表/脱プラ・レジ袋有料がトップ――日本包装管理士会
 日本包装管理士会(=IPP、山田孝志会長)は2018年末、毎年恒例の「2018年包装界・10大ニュース」を発表した。プラスチック(以下プラ)ごみによる海洋汚染が世界的に大きな問題となる中、トップとなったのは「脱プラスチック、レジ袋有料義務化の動き」。環境省がプラごみ削減戦略案に使い捨てプラ排出量の数値目標(2030年までに25%削減)を盛り込み、法改正を軸にレジ袋の原則有料化の方針を掲げたほか、バイオマスプラや紙への大体を促す補助金制度を創設したことを挙げた。(1月18日10:40 包装タイムス1月14日号に詳報)
01/17 2017年度実績などを発表/自主行動計画2020進捗を報告――3R推進団体連絡会
 ガラスびん3R促進協議会、PETボトルリサイクル推進協議会、紙製容器包装リサイクル推進協議会、プラスチック容器包装リサイクル推進協議会、スチール缶リサイクル協会、アルミ缶リサイクル協会、飲料用紙容器リサイクル協会、段ボールリサイクル協会の8団体で構成される3R推進団体連絡会は、2018年12月、都内で自主行動計画2020フォローアップ報告記者説明会を開催。2017年度実績報告や各推進団体の取り組みを発表した。
 日本経済団体連合会の池田三知子環境エネルギー本部長は「容器包装3R促進のための自主行動計画は2006年6月の容器包装リサイクル法の一部改正に先んじて策定された」と説明し、「8素材の削減効果は2006年度からの累計で660万tに達している。内容物の保護といった、容器包装の基本的機能を損なわないようにしながら研究開発等を進めることで3Rの中でももっとも優先度の高いリデュースに大きな効果を上げている」とした。(1月17日11:05 包装タイムス1月14日号に詳報)
01/16 廃プラ有効利用率86%に/輸出は2018年以降大幅減必至――プラ循環協「17年フロー図」
 プラスチック循環利用協会はこのほどまとめた「2017年プラスチック製品の生産・廃棄・再資源化・処理処分の状況」(以下フロー図)で、廃プラ有効利用率が86%に達したと発表した。「一般系廃棄物」における年少比率、特に発電焼却比率の増加、さらには「産業波形廃棄物」における固形燃料/セメント原・燃料利用率の増加といったサーマルリサイクルの増加によるところが大きい。また、マテリアルリサイクルの利用先として大きな割合を占める廃プラの輸出量が129万t(対前年比6.2%減)と前年に引き続き減少した。2017年末に中国が廃プラの輸入を禁止し、東南アジアでも輸入禁止措置がとられはじめていることから、2018年以降のフロー図から、廃プラの輸出量は大幅に減っていくことが予想される。(1月16日10:15 包装タイムス1月14日号に詳報)
01/15 成長市場に積極投資/マレーシアで新工場建設へ――メイワパックス
 メイワパックス(大阪府柏原市)はこのほど、マレーシアで軟包材加工を行うグループ企業「Atom Corporation Sdn. Bhd.」(以下、アトムコーポレーション)の新工場建設計画を明らかにした。2019年夏までに現工場敷地内に設置稼動させる。培った高い加工技術と生産環境を駆使し、成長するアジア市場でグループシナジーを一段と鮮明にする考え。
 同社が2016年4月にタイ、ベトナムに続くASEAN地域3番目の生産拠点として設置してアトムコーポレーションは、クアラルンプールから45km南東のセランゴール州にあり、国際空港から車で1時間以内のアクセス良好な好適地。従業員は80人で、軟包装資材の製造、販売、包装原材料の市入り販売が主な事業内容。現地大手メーカーとの取引実績も多く業績も着実に伸ばしており、洗剤用包装では圧倒的シェアを持つという。(1月15日11:40 包装タイムス1月14日号に詳報)
01/11 電子レンジ対応のパウチ入りパスタソース3品を発売/缶入りミートソースは終売――キユーピー
 キユーピーは電子レンジ対応のパウチを採用した2人前のパスタソース3品を2月15日から全国に出荷する。ソースを鍋などで温める手間がなく、封を切らずに立てたまま、電子レンジ(500W)で70秒温めてゆでたパスタにかけるだけでメニューが完成する。ラインアップは「ミートソース フォン・ド・ヴォー仕立て」「カルボナーラ なめらかチーズ仕立て」「たらこクリーム なめらかチーズ仕立て」の3品。
 同社では1959年に国内で初めて缶入りのミートソースの製造・販売を開始し、以来60年にわたりミートソースを作り続けてきたが、2018年7月豪雨の影響により、資材の製造を委託するメーカーが被害を受けたことから、家庭用の缶入りミートソース・料理用ソースの製造および販売を同月から休止していた。今回の電子レンジ対応のパウチ入りミートソースの発売に伴い、缶入りミートソースは終売する。(1月11日10:10)
01/10 エアー緩衝材でそのまま発送/置き配の実証実験始まる――Yper/日本包装機械
 物流系ベンチャーのYper(イーパー、東京都渋谷区)と日本包装機械(東京都品川区)は、段ボールを使用しない、置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」とエアー緩衝材×シュリンクフィルム包装「AirBall(エアボール)」を組み合わせた新たな包装での配送試験を開始している。
 エアボールは、日本包装機械が開発した新たな包装形態。エア緩衝材とシュリンクフィルムの組み合わせで商品を直接包装する。防水性を持ち、カラー変更やロゴ入れなどで外箱を用意せずとも中身が見えないように保護できる。玄関口へ固定する専用ロック付属の置き配バッグ・オキッパと組み合わせることで、より安心して置き配を活用できる可能性が広がる。また、商品形状によっては荷姿の大幅な縮小も見込まれる。(1月10日9:55)
01/09 春季限定商品発売/日本画家の名画をデザイン――軽井沢ブルワリー
 軽井沢ブルワリーは、同社が製造・販売するクラフトビール「THE軽井沢ビール」シリーズの春季限定シリーズとして「THE軽井沢ビール 桜花爛漫プレミアム」を1月9日に出荷開始する。世界的に活躍する日本画家の千住博氏と軽井沢千住博美術館の協力により、満開のソメイヨシノを描いた同氏の作品「ソメイヨシノ満開」の缶デザインが実現した。同作品は満開の鹿児島・知覧の桜を描き、2013年には作曲家・三枝成彰氏のオペラ「KAMIKAZE」のラストシーンを飾った作品。春の訪れを告げるビールを「飲み終わっても捨てられない缶」として、祝いの席や贈り物にも提案する。(1月9日11:25)
01/08 限定パッケージ発売/人気ブランドとコラボレーション――森永製菓
 森永製菓は粒チョコレート「ダース」ブランドから、アダストリア(東京都渋谷区)が展開するライフスタイル提案型ブランド「niko and…」とコラボレーションしたパッケージデザイン全4種類を12月25日から期間限定で発売した。バレンタイン・ホワイトデー市場を盛り上げるものとして企画。4人のイラストレーターが「DARS 4 YOU」をテーマに、1980年代のレトロなイラストをミルク、ビターなどフレーバーごとにデザインした。店頭商品は順次切り替え、商品がなくなり次第終了する。(1月8日15:25)
01/07 使用済みPETリサイクル開始/昨年12月から8店舗で実施――エムアイフードスタイル
 首都圏を中心にクイーンズ伊勢丹など17店舗のスーパーマーケットを運営するエムアイフードスタイルは、昨年12月から8店舗で使用済みPETボトルを回収・リサイクルする「ボトルtoトレー」を開始した。
 ボトルtoトレーリサイクルは環境保護への取り組みを強化する一環として、洗浄した使用済みPETボトルを店頭で回収し、専用業者によって選別、洗浄、破砕を行いエコトレーとして再利用していく。クイーンズ伊勢丹の物流ルートを活用し配送後の空トラックに積載・運送することで物流に関わるCO2削減にも寄与する。
 同社では、これまでもさまざまな環境への取り組みを行ってきた。食品トレー、牛乳パック、保冷材などの資源回収・再利用をはじめ、オリジナルエコバッグの販売などに取り組んできた。今後もPETボトルの回収に限らず、積極的に環境対策を進めていくことで地域社会と連携した循環型社会の実現に努めていく方針だ。(1月7日16:00)
 ニュース一覧に戻る