インターパック interpack2017国際包装機械・資材展視察ツアー 参加募集のご案内

国際加工・包装産業展interpack2020視察ツアーの企画延期について

今般、国際加工・包装産業展interpack2020について、3月13日(金)に主催者のMssse Düsseldorf GmbHから「開催延期」のプレスリリースが発表されました。これを受け、日報ビジネスとして企画していた同展示会への視察ツアーを一旦、見直します。当企画に関心を寄せていただいた皆様には、心から感謝申し上げます。 展示会主催者では新たな開催期日として2021年2月25日(木)~3月3日(水)を提示しており、弊社による視察ツアーの企画も新たに再構築する予定です。新ツアーは詳細が決定次第、当ページにアップしますので、もうしばらくお待ちください。今後もご高配のほどお願い申し上げます。
日報ビジネス株式会社

海洋プラスチックごみ問題が盛り上がる今だからこそ!

世界最大規模の国際加工・包装産業展「interpack(インターパック)2020」が、2020年5月7日(木)~13日(水)まで、ドイツ・デュッセルドルフで開催されます。デュッセルドルフ見本市会場の全18ホールと屋外展示スペースの大部分を使用し、世界約60カ国・地域から3000にのぼる企業・団体が飲食や製菓・製パン、医薬品、化粧品、消費財から工業製品にいたるまで、広範囲にわたる産業の“加工”および“パッケージングソリューション”を展示紹介します。
⇒展示会公式HP https://www.interpack.com/
食品廃棄ロスの低減に向けた「SAVE FOOD」は、デュッセルドルフの街にも飛び出し市民と交流するなど内容をさらに深めるほか、新たな国際会議として「Life without Packaging?-包装のない生活?」が立ち上げられます。産業界や環境保護団体など各方面から、包装に対して批判派と支持派の両方が発言し、何が生活に不可欠で何が不要かについて探求できるよう、持続可能性や環境に関して論争の続く問題をあらゆる側面から検討するという内容です。会議にはヘンケルやユニリーバ、ネスレなどの世界的な有力企業に加え、世界自然保護基金(WWF)などからも講演者が登壇する予定です。「拙速かつ感情論的に白か黒かの結論を出すのではなく、問題から目を背けず、社会からの批判は謙虚に受け止めた上で新たな可能性を追求するのが目的」と展示会最高責任者のベルント・ヤブロノフスキー氏は来日時に訴えており、海洋プラスチックごみ問題が急速にクローズアップされ、包装のあり方を根本から見直そうという機運が高まる今だからこそ、その成果に世界中の注目が集まっています。

そこで、「月刊食品包装」や「週刊包装タイムス」などを発行する日報ビジネスは今回、同展示会ならびに現地小売流通事情を視察するためのツアーを企画しました。包装の“世界潮流”と“未来ビジョン”が掴める絶好の機会を、是非ともご活用ください。
日報ビジネス株式会社
interpack 2017 視察ツアー

展示会情報

会期 2020年5月7日(木)~2020年5月13日(水)
開催地 ドイツ・デュッセルドルフ
会場 Messe Düsseldorf
出展対象品目 食品・飲料加工・包装機械、化粧品・医薬・消費財(非食品)・工業製品包装機械、製菓・製パン機械、包装資材、包材加工機械、輸送機械、サービス、その他
主催者 Messe Düsseldorf GmbH
日本国内の連絡先 株式会社メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
住所 : 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート7F
Tel : 03-5210-9951
開催頻度 3年に1回
過去の実績(2017年) 来場者数 : 17万899人(うち海外から:12万6465人)
出展社数 : 2866社(うち海外から:2218 社)
展示面積 : 17万8131㎡

視察ツアー概要

詳細なツアー募集パンフおよび申込書は、下記からダウンロードできますので、ご活用ください。
***お問合せ***
日報ビジネス株式会社 interpack2020視察ツアー 担当:吉沢
TEL:03-3262-3464  FAX:03-5276-4431
yoshizawa@nippo-biz.co.jp