特性を活かす緩衝固定技法−効率的な包装設計の着眼点と改善事例−
 
原材料費・輸送費の高騰や人手不足など、包装・物流分野を取り巻く環境は厳しさを増している。その中で、内容品を確実に緩衝固定するとともに、輸送効率や作業効率の向上、材料コストの削減につながる効率的な段ボール包装設計が一層求められるようになった。
そこで今回は、段ボールメーカーで各種の段ボール包装設計に取り組み、日本パッケージコンテスト入賞作品の設計にも携わった小坂正実氏を講師に迎え、段ボールの特性を活かした緩衝固定の形状などの設計法を解説。実際の包装改善事例を多数用意し、実際に見ていただいた上で、受講者のリクエストによる詳しい事例解説も行う。
※受講者には、基本的な形状についてのCADデータ(DXFファイル)の提供を予定しています。
 
■日 時 2018年11月13日(火)13:30〜15:50 (受付は30分前から)
■会 場 大阪産業創造館 6F 会議室E (大阪市中央区本町1-4-5)
■アクセス ・大阪メトロ「堺筋本町」駅12番出口より東へ徒歩約3分
・大阪メトロ「堺筋本町」駅1・2番出口より北東へ徒歩約3分
  →→ 地図はこちらから
■会 費 お一人様 8,000円(テキスト代・税込)
10月31日(水)までにお申し込み
もしくは、1社2人以上の場合・・・6,000円
■定 員 70名  ※定員になり次第締切
■問合せ先 日報ビジネス株式会社
TEL.06-6262-2402(担当:佐藤)
請求書・聴講券・支払について
TEL.06-6262-2426(担当:細木)
 
■ プログラム ■
 
第一部
13:30 〜 14:50
(80分)
『緩衝固定技法と包装設計の概論』

 

− 20分 質問受付・休憩 −
第二部
15:10 〜 15:50
(40分)
『包装改善事例の解説・質疑応答』
講師
大阪紙器工業株式会社 技術顧問 小坂 正実 氏

月刊「カートン&ボックス」編集委員 元・タルタニパック(株) 包装開発研究所 所長
 
※日時・テーマ・講師等は予告なしに一部内容が変更する場合がございます。ご了承下さい。
 
■ お申し込み ■
 
◆「インターネット」による受講お申し込み   お申し込みフォーム
◆「FAX」による受講お申し込み(PDF形式)   お申し込み用紙
PDFは右記のプラグインが必要になります。  
 
お申込の流れ

1.参加申込書を必要事項記入の上、事務局に送信(インターネットまたはFAX)
(※FAXで送信される際、お申込者数が3名以上の場合はお手数ですが用紙をコピーしてください)

2.受理後、請求書を郵送(※請求書は1週間以内に発送します。お急ぎの方はご連絡下さい。)

3.参加費を指定の口座へ振込(※原則として事前支払い) 振込締切日 2018年11月6日(火)
銀行:みずほ銀行 船場支店(センバシテン)
店番号:513
口座番号:1877957(普通預金)
名義:日報セミナー

4.開催前、事務局より「聴講券」を郵送

お申込の取り消しについて

セミナー事務局にて11月8日(木)まで承ります。以降は原則として対応しておりません。
お取り消しをいただきましても返金はいたしかねますので、ご了承ください。

お願い その1 締切日間近は大変混雑いたしますのでなるべくお早めにお振込願います。また、申込者・参加者名でお振込をされる場合(会社・団体などが参加費をお支払いになる場合以外)は確認に手間取り、入金処理が遅れる事がありますので、振込者名・振込(予定)日は必ずご記入願います
お願い その2 銀行振り込みされた方は、銀行振込の控えを領収書としてください。
振込手数料は、振込者にて、ご負担くださいますようお願い申し上げます。
本セミナーにお申込いただいた方の個人情報は、今後、当社の定期刊行物、書籍、イベント、セミナー、各種サービスのご案内させていただくことがございます。無断で第三者に提供されることはありません。
 

セミナーに戻る