拡大する焼却灰・ばいじん・鉱さいの処理市場〜汚染土壌も含めた浄化と無害化〜
 
 3.11と原発事故の後、日本は、火力発電にハンドルを切りました。再生可能エネルギー分野でも、現在計画されている木質バイオマス発電が3年後には稼働する予定です。火力や木質バイオマス発電の副産物である「ばいじん」や「焼却灰」の発生量は確実に増えています。「燃え殻」と「ばいじん」、それぞれの排出量は183万t、1691万t(ともに2013年度)。また「鉱さい」(1676万t、同)を加えると市場規模は3品目合計で「8880億円」と推定されています。成長途上にあるこれら市場に加え、豊洲市場の移転問題で関心の高い汚染土壌の浄化など、実際に処理を手掛けている事業者を基に紹介します。
 
■日 時 2017年3月7日(火)10:00〜12:45 (受付は20分前から)
■会 場 大阪産業創造館5F 研修室AB (大阪市中央区本町1-4-5)
■アクセス ・大阪市営地下鉄「堺筋本町」駅12番出口より東へ徒歩約3分
・大阪市営地下鉄「堺筋本町」駅1・2番出口より北東へ徒歩約3分
  →→ 地図はこちらから
■受講費 お一人様10,000円(資料代、税込、振込手数料別)
※2月24日(金)までのお申込の方
※1社2名以上お申込みの場合
・・・@8,000円
■定 員 70名  ※定員になり次第締切り
■問合せ先 日報ビジネス株式会社 セミナー事務局
TEL.06-6262-2406
 
■ プログラム ■
 
■10:00〜:10:50
<基調講演>
「ばいじん・焼却灰の安全処理と再生利用」

NPO法人グリーン環境技術工業会
副理事長(工学博士) 大西 忠一氏
■11:30〜12:10
<事例>「汚染土壌洗浄浄化システム〜日本国内から海外でも実証〜」
アース (株)代表取締役 佐藤 敦政氏
       
■10:50〜11:00(休憩)   ■12:10〜12:15(休憩)  
       
■11:00〜11:30
<報告>「成長する無害化処理市場のこれから」
日報ビジネス(株)編集部 渋谷 和義
■12:15〜12:35
<事例>「全国から受入可能な汚泥 ・燃え殻・ばいじん処理施設」
関西クリアセンター(株)専務 伊山 雄太氏
       
    ■12:35〜12:45 質疑応答  
 
※日時・テーマ・講師等は予告なしに一部内容が変更する場合がございます。ご了承下さい。
 
■ お 申 し 込 み ■
 
 
※満席のため受講申込受付は終了いたしました。
当日の受付は満席のため、行いませんのでご了承下さい。
再講演ご希望の方は直接、 セミナー事務局:06-6262-2406  までお問合せ下さい。
 
お申込の流れ 1.参加申込書を必要事項記入の上、事務局に送信(インターネットまたはFAX)
 (※FAXで送信される際、お申込者数が3名以上の場合はお手数ですが用紙をコピーしてください)

2.受理後、請求書を郵送(※請求書は1週間以内に発送します。お急ぎの方はご連絡下さい。)

3.参加費を指定の口座へ振込(※原則として事前支払い) 振込締切日 2017年2月28日(火)
    銀行:みずほ銀行 船場支店(センバシテン)
    店番号:513
    口座番号:2190114(普通預金)
    名義:日報環境セミナー

4.開催前、事務局より「聴講券」を郵送
お申込の取り消しについて セミナー事務局にて3月2日(木)まで承ります。以降は原則として対応しておりません。
お取り消しをいただきましても返金はいたしかねますので、ご了承ください。

お願い その1

締切日間近は大変混雑いたしますのでなるべくお早めにお振込願います。また、申込者・参加者名でお振込をされる場合(会社・団体などが参加費をお支払いになる場合以外)は確認に手間取り、入金処理が遅れる事がありますので、振込者名・振込(予定)日は必ずご記入願います

お願い その2

銀行振り込みされた方は、銀行振込の控えを領収書としてください。
振込手数料は、振込者にて、ご負担くださいますようお願い申し上げます。
本セミナーにお申込いただいた方の個人情報は、今後、当社の定期刊行物、書籍、イベント、セミナー、各種サービスのご案内させていただくことがございます。無断で第三者に提供されることはありません。
 

セミナーに戻る