会社概要

 
 
 
 
 
 
 
 
 
東京事業所
 
大阪事業所
 
 
【包装関連 定期刊行物】
 
週刊 包装タイムス
−オール包装業界をカバーする唯一の包装総合専門紙−
 
包装産業の各分野の動きをどこよりも早く、的確に報道します。業種別紙面の充実により一層読みやすくなりました。テーマ別特集も好評です。毎週月曜日発行。
 
タブロイド判 12P・ISSN 0916-6629
年間購読料 定価25,812円(本体23,900円+税)/冊売り 定価549円(本体509円+税)
 
 
月刊 食品包装
−売れる商品づくりと製造・流通・販売の総合情報誌−
 
月刊「packpia」は、2006年1月号から誌名を月刊「食品包装」とし、食品の包装および食品製造・流通・販売に特化した総合情報誌にリニューアル!
内容は、(1)環境の視点から21世紀にふさわしい食品包装のあり方を探求する、(2)売れる商品づくりのヒントとなる情報を充実させる、(3)食品と包装の環境変化に即応した最新情報と技 術動向を紹介する、の3つを基本方針とし、読者の皆様にとって有益な情報をタイムリーに提供。
 
B5判 80〜160P・ISSN 0916-6629
年間購読料 定価20,628円(本体19,100円+税)/冊売り 定価1,748円(本体1,619円+税)
 
 
月刊 CARTON BOX
−ペーパーパッケージングの技術・経営・デザイン−
 
紙器・段ボールを中心としたあらゆるペーパーパッケージング、ペーパーコンバーティングの技術、経営、マーケティング情報を分かりやすく網羅。
 
A4判 160P・ISSN 0916-6629
年間購読料 定価17,496円(本体16,200円+税)/冊売り 定価1,543円(本体1,429円+税)
 
 
【環境関連 定期刊行物】
 
週刊 循環経済新聞
 
21世紀の循環型経済・社会の構築に向けて、廃棄物のリデュース・リユース・リサイクル、適正処理について、 マーケット・技術・流通・拠点施設の視点をいっそう掘り下げ、これまで 以上に大気・水質・土壌汚染など関連する環境分野にも深く踏み込みます。
 
大判 10頁以上
年間購読料 定価24,732円(本体22,900円+税)/冊売り 定価534円(本体495円+税)
 
 
月刊 廃棄物
−環境保全と資源化への提言誌−
 
わが国廃棄物問題とその実際的な処理に参考となる情報を紹介し、ソフト・ハード両面から処理の方向性を提示。ごみ問題の総合誌です。
 
B5判 150P・ISSN 0916-6629
年間購読料 定価21,600円(本体20,000円+税)/冊売り 定価1,810円(本体1,676円+税)
 
 
隔月刊 地球温暖化(※アースガーディアン改題)
「低炭素社会実現」を目指す提言誌
CO2削減と新・省エネビジネスを推進する

省エネ・節電対策技術や再生可能エネルギーの最新動向などを紹介。事業ベースでのCO2削減情報を提供します。
 
B5判
年間購読料 定価6,264円(本体5,800円+税)/冊売り 定価1,080円(本体1,000円+税)
 
 
隔月刊 E-Contecture(イー・コンテクチュア)
−建廃・解体の専門誌−
 
屋上緑化や自然再生工法、工作物への環境装置の設置、環境プラント施工、分別解体、建設廃棄物対策、グリーン購入、など環境をキーワードに 建設産業を取り巻く様々な情報・取り組みを追いかけていきます。
 
B5判・ISSN 0916-6629
年間購読料 定価10,368円(本体9,600円+税)/冊売り 定価1,851円(本体1,714円+税)
 
 
産廃NEXT
国内初の資源循環ビジネスの専門誌
 
産廃業界の一歩先を見据え毎号ワンテーマを掘り下げます。一大転換期を迎える産廃業界に役立つ情報を提供しています。
 
B5判
年2回発行/月2回メルマガ「産廃ネット」購読料3,000円(税込)
年間購読料 定価3,132円(本体2,900円+税)/冊売り 定価1,567円(本体1,451円+税)
※廃プラなど循環資源の市況動向を年2回メルマガにて発信
 
 
【その他の出版物】
 
−包装関連−
 
■パッケージデザイン総覧
■全国包装産業名鑑
■包装関連機械カタログ集
■包装関連資材カタログ集
■紙器・段ボール機械カタログ集
■包装用プラスチック加工機械カタログ集
 
−環境関連−
 
■廃棄物処理関連装置機材カタログ集
■全国産廃処分業中間処理・最終処分企業名鑑・名鑑
 
その他多数の出版物があります。
 
>>詳細はこちらをクリックしてください。