カートンボックス表紙

  カートンボックス
  “箱創り”を応援するビジネスマッチングマガジン。
  1982年創刊で、2012年に30周年を迎えました。
  紙器・段ボール箱を中心とするペーパーパッケージからプラスチック
  コンテナー、クリアケース、パッケージ印刷、紙加工の情報まで幅広く網羅。

カートンボックス 2017年5月号目次


■新シリーズ

競争力向上のための【打抜き】技術

打抜き技術の現状と改善

【第10回複合材型加工研究会セミナー】より


打抜きとエンボスを同時加工

コストを削減、新たな表現も可能に/無名総研


インタビュー 夢のある抜型企業をめざし、3つの挑戦

“働き方改革”を先取り/金剛製作所 代表取締役 芳賀 拓海氏


イタリア製の自動刃曲機を発売

Serviform社と総代理店契約を結ぶ/ナカヤマ


■箱創りのデジタル化最新事情

小ロット、サンプルカットの要望に応えて
カッティングプロッタ導入のメリットなど/セルカム(第14回SDKK交流会プレゼンテーションから)

パッケージの試作で広がる3Dプリンターの活用
ものづくりの工程が飛躍的に短縮/日本製図器工業/スリーディー・システムズ・ジャパン
「3Dプリント技術を活用した真空成型」セミナーより


■特集

ベストパッケージへの挑戦 Part3
日本パッケージングコンテスト2016にみる包装改善の視点

【適正包装賞】アース製薬/凸版印刷、小林製薬、【POP・店頭販売包装部門賞】ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマー ケティング/リンクス、【包装アイデア賞】ライオン/王子キノクロス/王子パッケージング/王子産業資材マネジメ ント、【医薬品・医療用具包装部門賞】ナガセ医薬品/日本ケミファ/シグマ紙業、【菓子包装部門賞】菓匠三全/大日 本印刷、石屋製菓/中央製版、タマヤ【パッケージデザイン賞】井村屋/鹿目デザイン事務所/Jパック


■Special Report

紙加工技術展2017
“ペーパーレス時代”を生き抜く技術を提案

大阪パッケージアカデミー
Part3 修了作品展〜修了生インタビュー(1)
半年間の集大成発表、アカデミーの成果とは!?


■包装開発ストーリー

2点がワールドスター賞に輝く
通算31点の受賞、技術力を世界が評価/中央紙器工業


■海外レポート

スペインの紙・ダンボール包装視察記(1)


■展示会レポート

FOODEX JAPAN 2017にみる特産品パッケージ
「郷土」「文化」を世界へ―インバウンド需要も視野に

第7回化粧品開発展(Cosme Tech 2017)
機能性、デザイン性に優れたパッケージ、ラベル


■Hard & Tools

戦略の種は日常業務から
段ボール企業向けデータ解析ソフト「解析HERO」/ユーコン

デザイナー向けに箔の色見本帳を発売
16種のメインスタンダードカラーを収録/村田金箔グループ


■モノ語り ハコ語り

京都の「今」と「昔」をパッケージに
食後の使用も考え、エンボス加工で重厚感を「京都ものがたり」/UCHU wagashi


■連載・寄稿

ものづくり町工場の「4コマ」経営革新術

段ボール包装ABC

シリーズ・規格を生かす [紙]と[包装]日中比較論(8)


■サイドニュース

日報グループ創業60周年 誌面でたどる箱創り60年新戦力となるか“企画デザイン室” 『新しい包装』1967年3月号

5月25日(木)セミナー開催 『事例に学ぶ 地域を元気にするパッケージの力』

・情報ボックス ・海外技術ニュース ・パテント情報 ・統計 ・編集後記 編集委員 ・次号予定 広告索引


▲TOPへ戻る▲