カートンボックス表紙

  カートンボックス
  “箱創り”を応援するビジネスマッチングマガジン。
  1982年創刊で、2022年に40周年を迎えました。
  紙器・段ボール箱を中心とするペーパーパッケージからプラスチック
  コンテナー、クリアケース、パッケージ印刷、紙加工の情報まで幅広く網羅。

カートン&ボックス 2022年8月号目次


■創刊40周年記念特集

箱創りビジネス 課題と展望40 Part2


22 23【アジアのパッケージビジネス/海外からみる日本の包装市場】成長市場を開拓する充実感

24 【紙工機械(段ボール製箱ライン)】三菱段ボール製函機の進化

25 【紙工機械(段ボール貼合ライン)】コルゲータとCO2排出量の削減

26 【紙工機械の技術の変遷】パッケージ産業の地位向上を支援

27 【紙工機械(自動平盤打抜機)】ユーザーニーズに即した機械開発

28 【紙工機械(グルア)】時代の変化に対応できる機械開発

29 【新商品開発とデザインのチカラ】下請け脱却をかけた新商品開発を支援

30 【シェルフレディ・パッケージング】流通向け段ボール包装の変遷と進化

31 【店頭販促物への応用】紙製ディスプレーの可能性

32 【段ボール設計】段ボール包装設計技術の変遷(後編)

33 【段ボール工場の安全対策】何かが足らない安全活動

34 【安全衛生〜次世代へのメッセージ】「 想定外」を作らない安全衛生対策とは

35 【箱以外の段ボールの可能性】社会の変化が可能性を拓く

36 【パッケージ向けオフセット印刷機】スマートファクトリー化で市場の変化に対応

37 【カッティングマシンの技術】時代のニーズに応じて進化

38 【打抜き加工のトラブルシューティング】課題解決への新たなアプローチ

39 【抜型製造機械】自動曲機の「機能」の歴史

40 【画像検査装置の進化】DX化による攻めの品質管理で利益に貢献


祝辞
浅岡鉄工所/須賀製作所/上田紙工機/永井機械/クドー機械開発/名宝/ノードソン/山田機械工業


■コラム

紙器・紙工・段ボール展示会
―JCBMからSINO CORRUGATEDへ
パルプモールド―立体の成形品としての紙製品
(1998年11月号/2000年4月号)
箱創り関連年表 後編


■News&Topics

環境対応パッケージで受賞

大阪工研協会の「工業技術賞」/レンゴー

「日本BtoB広告賞」で銀賞を受賞

印刷技術で美を追求した2022年版カレンダー/小森コーポレーション

特殊塗装の施工を事業化

タンクや配管、あらゆる設備の耐久性向上へ/ディンク


■モノ語りハコ語り

じわっとゆるくて、クスッと笑える

小ネタ満載の外装箱が話題/不二家「まみれさんのバカンスBOX」


■連載

シリーズ「包装と向き合う」ということ
V.応用論(その4/7):「経済(豊かさ)」の視点から、考えてみる/橋爪文彦氏(本誌サポーター)

ものづくり町工場の「4コマ」経営革新術 120
2つの円で思考を可視化するツール「ダブリング」/中山裕一朗氏(中山商事 代表取締役社長・本誌編集委員)

技術士包装物流会だより
慢性不良改善の一考察/垣俊壽氏(JPLCS関西支部・会員、高垣経営技術)


■サイドニュース

・データウォッチング ・40周年記念特集記事一覧/日報グループの箱創り関連ビジネス書
・情報BOX ・パテント情報 ・統計 ・編集後記・編集委員 ・次号予定・広告索引


▲TOPへ戻る▲